2012/04/11

4月連休のイベント

ジャマイカの連休で6日の金曜日は例年あるラスタの長老追悼集会イベントだった。
このイベントは1963年の政府のオペレーションで非人道的な弾圧暴行・投獄を受けた
当時のラスタマン達を悼んで行われているイベントで、私は毎年参加している。

コーラルガーデンCORAL GARDENの悲劇とは 

この集会イベントの収益金は当時の政府により非道を受けた長老RASTA達への募金とされるため、出演アーチストはボランティアなので、来てくれたアーチストはリスペクトである。
今年来てくれた知名度のあるアーチストは
PROTOJE, BUSHMAN,FRED LOCKS,CULCHA KNOX,MIKEY GENERALなど。
今年はMAU MAU WORRIERSというビンギ太鼓と生ギターとボーカルのアコースティック・グループもでていた。
ボーカルの人が全身を震わせて歌う様相がすごくてビビった。BOB MARLEYみたいな霊的なステージングだった。

ここ数年はRASTAの弁護士を通じて政府に当時の非道な暴行の賠償を申し立てる訴訟を起こす準備をしているが、長老エルダー達は高齢で、今当時の証言を得られる長老が少なくなっている現状である。
このCORAL GARDEN ATROCITY (コーラル・ガーデンの悲劇)の内容はドキュメンタリーDVDになったらしく、その映像もスクリーンで流していた。

 

月曜日のイースターマンデーは山の方で農業祭があり、夜の部のステージショーがあったので向かったが、9時ころに来てと言われたけど用意していなくてついたのは10時半を回っていた。
農業祭は祝日のイベントなので学生や家族・子供などで楽しむパターン。
なので夜のステージショーはだいたい12時までに終るのが一般的。昼間遊んだ人たちは翌日仕事だったりして早めに帰るのだ。
私が中に入った時は、露天のお店も終っていて、すでに多くに人々が退場して、広い会場のステージ前には観客はすいぶん少なくなっていた。農業祭で牛やヤギとか展示していたみたいで、家畜の糞の臭いも漂っていた。
時間も押せ押せで、それでも地元アーチストはバックステージに結構な人数待機していて、ステージは進行していった。
Jamaica reggae event back stage

時間も深夜12時を過ぎお客さんもどんどん帰って行ってしまい、
メーンのGEORGE NOOKS、GENERAL TREESが出たのは
多分1時半ごろでお客さんはもう3~40人くらいだったろうか
敷地が広いので、すごく少ない人数だ。

しかし、さすがジェネラル・ツリーズのパフォーマンスはすごかった。
お客は笑いツボにはまっていて大受け!していた。

General Treesはこの前のTrelawnyのイベントの時もいて
オープニングで歌った私を覚えていてくれていて、
わざわざ声をかけてくれすごく褒めてくれた!
General Trees & rankin Pumpkin @ St.James event

結局遅れて行った私の出る時間もなかったのだが、
プロモーターと旧知の仲のSYMBOLのプッシュによりジェネラル・ツリーの後、
バンドで歌う事になった。

え?!トリ?!!
ちゅうか、、、どうでもいい時間帯・・?

お客はGENERAL TREESが終わった時点で、さらに帰ってしまい、、、、
しかも、リハもしていないし、
最初に選んだリズムがミスチョイスでまったく歌にあっておらず滑ってしまい、、
大してうまくこなせなくて残念だった。

それでもバックステージに降りて行くと何人もの人がBIG UPしてくれ、
応援してくれ、プロモーターの人も8月にある大きなイベントに呼んでくれると言っていたが、
8月は多分日本だー。



AFRICAN SYMBOL LABEL
REGGAE DANCE SYMPHONY

オムニバスCDアルバム 
ルーチアノ、パッド・アンソニー、レディーG、
ランキン・パンプキン、イールマン・・他全16曲
レゲエダンスシンホニーCD
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント